目指せ!CO2排出ゼロ 大館市、県内初の宣言

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「ゼロカーボンシティ」宣言した福原市長
「ゼロカーボンシティ」宣言した福原市長

 秋田県大館市は16日、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」の実現に取り組むことを宣言した。県内では初めてで、全国では15日までに262自治体が宣言している。

 具体的な取り組みとして▽太陽光発電やバイオマス燃料など再生可能エネルギーの活用▽電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)などの次世代自動車の導入▽リサイクルや木材の地産地消▽林業の成長産業化―を市民や市内事業所に促す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 394 文字 / 残り 175 文字)

秋田の最新ニュース