ニュースの「つぼ」:空き家解体代執行

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
能代市が行政代執行で解体した空き家(解体前)
能代市が行政代執行で解体した空き家(解体前)

 所有者の死去などで管理の行き届かなくなった空き家が増え続けている。防災や景観悪化、防犯などの面から、自治体も解体に乗り出しているが、数の多さに加え、相続や費用の問題が絡み、思うように進んでいない。

 2015年施行の空き家対策特別措置法では、市区町村が空き家の実態調査を行い、倒壊の恐れがあったり、景観を損なったりしている空き家を「特定空き家」に指定。所有者に撤去や修繕を指導・命令し、従わない場合は行政代執行で解体できるようになった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1151 文字 / 残り 933 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース