松岡経塚遺跡の経筒、67年ぶり湯沢に里帰りへ 京博が所蔵

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県湯沢市松岡の松岡経塚遺跡(市指定史跡)で1954年5月に出土した平安末期から鎌倉初期の銅製経筒(きょうづつ)が3月下旬、湯沢市で初公開される。国や県の文化財に指定されてはいないが、当時の文化を知る手掛かりになるとして、京都国立博物館(京博)が現在所蔵している。市が貸し出しを求め数年越しで働き掛けたところ、実に67年ぶりの里帰りが決まった。

67年ぶりに里帰り展示される経筒(京都国立博物館蔵)


 経筒は経典を納めるための筒型の入れ物。極楽浄土などの願意が記され、経塚に埋められる。松岡経塚遺跡からは高さ約30センチ、直径約10センチのものが五つ(一部欠損含む)出土。表面にはさまざまな模様と共に「寿永三年」(1184年)や「建 七歳」(建久七年、1196年)といった文字が刻まれ、「藤原女人(にょにん)」の銘文も確認できる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1545 文字 / 残り 1206 文字)

秋田の最新ニュース