北斗星(2月21日付)

お気に入りに登録

 「世界隅々広まってしまったうだでー(厄介な)ウイルスだ」。新型コロナウイルス収束の願いを秋田音頭のリズムに乗せた替え歌「五六七(ころな)撃退音頭」の一節だ。三味線奏者の梅若鵬修さん(41)=秋田市=が作詞した。動画サイトで公開している

▼県内の民謡歌手5人が交互に歌う。鵬修さんらが呼び掛けて実現した。進藤義声(ぎせい)さん(86)=同=のパートは、こうだ。芸の道には日々の稽古が欠かせないと歌った後、「パソコンかづいでオンラインレッスンだ 俺だばつでがれねで(ついていけないよ)」

▼新型コロナ流行を受け、パソコンなどの画面を通じて各種の習い事を指導するオンラインレッスンが普及した。県内ではゴルフ、ダンスなどのほか、民謡教室でも取り入れられている

▼進藤さんは「秋田追分」生みの親の鳥井森鈴(しんれい)(1899~1979年)ら多くの先輩から民謡を教わった。鳥井は特に厳しく、納得するまでそばに立って何度も歌い直しを求めた。他の先輩からも、楽屋におけるマナーなどを現場でたたき込まれた

▼そんな経験を積んだ進藤さんからすればオンラインには隔世の感があるのだろう。音頭の歌詞は自分の気持ちそのものという。「文章を書くのに使っていたからパソコン自体に拒否反応はないんだが」と笑う

▼一方、鵬修さんはオンラインを有効活用しながらも「細かいところはやはり伝わりにくい」と難点を指摘する。民謡を生で教え、聴かせ、楽しんでもらう。2人共通の願いだ。

秋田の最新ニュース