手作りみそなど使用、マドレーヌ考案 大曲支援生徒が販売も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
店頭で商品をPRする生徒
店頭で商品をPRする生徒

 秋田県大仙市の大曲支援学校中学部3年生が、地元の食材を使いレシピを考えたマドレーヌなどを同市花館の直売施設「しゅしゅえっと まるしぇ」で販売した。生徒が店頭に立って商品の特徴や開発の過程をPRし、買い求める人でにぎわった。

 マドレーヌは、生徒が仕込んだみそを大仙市産の米粉や甘酒と混ぜて焼いた。甘酒とみそのほのかな甘みが楽しめる。生徒が材料の配合などを研究してレシピを作り、依頼を受けた同市長野の加工グループ「米夢」が作った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 551 文字 / 残り 337 文字)

秋田の最新ニュース