一足早く春らんまん! 大潟村生態系公園の観賞温室【動画】

お気に入りに登録

 秋田県大潟村の県農業研修センター生態系公園の観賞温室に多彩な花々が咲き誇っている。休日には、一足早く春の雰囲気を楽しもうと多くの人が訪れている。

淡いピンクの花が満開となった「金のなる木」


 人気の多肉植物「金のなる木」(ベンケイソウ科、和名フチベニベンケイ)は淡いピンクの花が満開だ。高さ1~1・5メートルほどの木に小さな花が密集して咲き、ぷっくりした葉と合わせて見応え十分。

花に光沢があり、ろう細工のような「ホンコンドウダンツツジ」

 つややかなろう細工のような釣り鐘形の花を咲かせるホンコンドウダンツツジ(ツツジ科)や、花茎に100~200輪の花をつけるデンドロビウム・スペシオサム(ラン科)も見頃を迎えている。

花茎にたくさんの花をつける「デンドロビウム・スペシオサム」

かれんな花をつける「ニホンサクラソウ」


 21日に孫を連れて夫婦で訪れた能代市の平川ウメ子さん(65)は「いろんな花を楽しめた。この冬は特に寒さが続いていたので、春らんまんを先取りできた気分」と話した。

 金のなる木やホンコンドウダンツツジなどの花は来月上旬まで楽しめる見込み。開園時間は午前9時~午後5時(最終入園は4時半)、月曜定休。入園無料。

秋田の最新ニュース