バレー女子日本代表 佐藤美弥、吉野優理ら選出

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐藤美弥
佐藤美弥

 日本バレーボール協会は22日、今季の女子日本代表の登録24選手を発表し、主将で2012年ロンドン五輪銅メダリストの荒木絵里香(トヨタ車体)や黒後愛、石川真佑(ともに東レ)、古賀紗理那(NEC)らが名を連ねた。

 秋田県関係では佐藤美弥(日立、聖霊高―嘉悦大出)、吉野優理(埼玉上尾、由利高出)が選ばれた。東京五輪のメンバーはこの24人の中から選ばれる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 286 文字 / 残り 110 文字)

秋田の最新ニュース