国公立大2次試験、25日から前期日程 地震に対応、方式変更も

会員向け記事
お気に入りに登録

 国公立大2次試験が25日の前期日程を皮切りに始まる。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各大学は教室の定期的な換気やマスクの常時着用といった対策に万全を期す。一部は個別試験を行わず、大学入学共通テストの成績で合否を判定。震度6強を観測した13日の地震の影響を踏まえ、対応を取る大学もある。

 秋田県内の国公立大の前期日程は、秋田大が25日(教育文化学部の一部と医学部医学科は翌26日も)、県立大も25日に実施する。秋田公立美術大は25、26の両日。国際教養大は独自の日程で、A・B日程が既に終了した。C日程は3月14日に行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 666 文字 / 残り 403 文字)

秋田の最新ニュース