県議パワハラ問題、新事実確認されず 調査終了を報告

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県議会棟
秋田県議会棟

 自民党の工藤嘉範秋田県議から男性県職員が昨年、パワーハラスメントを受けたと訴えた問題で、加藤鉱一県議会議長は再調査結果をまとめた。新たな事実は確認されず、工藤氏から男性職員への謝罪も済んでいるとして、一連の対応を終了するとした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 360 文字 / 残り 245 文字)

秋田の最新ニュース