白鵬、若隆景に30戦全勝 合同稽古、初参加で充実感

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
合同稽古で若隆景(左)と相撲を取る白鵬=24日、両国国技館内の相撲教習所(代表撮影)
合同稽古で若隆景(左)と相撲を取る白鵬=24日、両国国技館内の相撲教習所(代表撮影)

 大相撲春場所(3月14日初日・両国国技館)に向けた合同稽古第5日は24日、国技館内の相撲教習所で行われ、1月の初場所を新型コロナウイルス感染で全休した横綱白鵬が初参加し、平幕若隆景を相手に30戦全勝と精力的に汗を流した。

 関取衆と取るのは、昨年12月の合同稽古以来という。「やっぱり引き締まるものがあるし、環境を変えるというのはいいもの」と充実感をにじませた。新型コロナで9日間の入院生活も経験。スタミナ面については「戻ったかなという感じ」と前向きだった。

 若隆景を相手に、立ち合いから一気に攻め切る形や相手に攻めさせてからの投げなど、様々な展開を試していた。