米ノババックス製、国内治験開始 コロナワクチン、今年後半供給へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
英国で行われた臨床試験で使用されたノババックスが開発中のワクチン(AP=共同)
英国で行われた臨床試験で使用されたノババックスが開発中のワクチン(AP=共同)

 武田薬品工業は24日、米バイオテクノロジー企業ノババックスが開発する新型コロナウイルスワクチンについて、国内での臨床試験(治験)を開始したと発表した。20歳以上の成人200人を対象に、ワクチンを日本で接種した際の安全性と有効性を確認する。今年後半の供給開始を目指す。

 武田はノババックスとワクチンの国内提供で提携。「国産ワクチン」と位置付け、山口県光市の自社工場で製造する。24日に最初の被験者に治験薬を投与し、治験データは今年後半に得られる見通し。武田はこのデータをもとに厚生労働省へ承認申請する。