新幹線こまち、11日ぶり東京直通 東北新幹線が全線再開

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田新幹線こまち(資料写真)
秋田新幹線こまち(資料写真)

 福島、宮城両県で震度6強を観測した13日の地震で一部区間の運転を見合わせていた東北新幹線が24日、全線再開した。那須塩原(栃木)―仙台間の復旧が完了し、東北と東京の直通運転が11日ぶりに回復。JR東日本は当面の間、臨時ダイヤで速度を落として運行し、本数は通常の8割程度とする。東京と仙台・盛岡両駅の間は所要時間が1時間程度長くなる。

 盛岡―東京間を運休していた秋田新幹線こまちも24日、全線で運転を再開した。来月12日まで臨時ダイヤで運行し、運休前は16往復だったが、14往復とする。被害があった一ノ関―那須塩原間で速度を落として運転するため、秋田―東京間の所要時間は最大1時間16分長くなる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 769 文字 / 残り 471 文字)

秋田の最新ニュース