「ウイルス削除に費用」 30代男性、電子マネー利用権被害

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田中央署は24日、秋田市の30代男性が架空請求詐欺に遭い、電子マネー利用権8万5千円分をだまし取られたと発表した。

 署によると、男性が同日、自宅のパソコンを操作していたところ、ウイルスに感染したという趣旨の警告が画面に表示された。表示された番号に電話すると、男の声で「ウイルスを削除し、パソコンを直します」「費用がかかるので、電子マネーカードを購入してください」などと言われた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 336 文字 / 残り 145 文字)

秋田の最新ニュース