大曲農高生、地元商店のこだわりPR 通学路沿い8店舗紹介

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大仙市中心部の魅力をひっそりと伝えたい―。大曲農業高校2年の進藤瑞華さん(17)と小田島こゆきさん(17)は、JR大曲駅から高校までの通学路沿いにある商店を紹介するパンフレットを作り、「回覧板」形式で人づてに配る取り組みを行っている。

 パンフレットはA4判の三つ折り。大曲中心部の雑貨店や喫茶店など8店舗を取り上げている。このうち、菓子司つじやは「郷土菓子の伝統を守っている。保存料は使っていない」などと紹介。和装はきもの・小物加藤については「草履台と鼻緒は別売りにしており、お客さんの希望に合わせて組み合わせるようにしている」とPRしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1007 文字 / 残り 731 文字)

秋田の最新ニュース