おいしい出合い:「フルックリー」イチゴパフェ 甘さと酸味が決め手

有料会員向け記事
お気に入りに登録
「とちおとめ」をふんだんに使ったイチゴパフェ
「とちおとめ」をふんだんに使ったイチゴパフェ

 秋田市大町にあったフルーツ専門店「フルックリー」は昨年12月、八橋に開業した複合店舗内に移転オープンした。改良を重ねたイチゴパフェ(Lサイズ800円)は自慢の一品で、濃厚なソフトクリームとイチゴの酸味がそれぞれの味を引き立てている。

 イチゴパフェは、下層は練乳に似た味わいのソフトクリーム、上層は甘さ控えめのホイップクリームが盛られている。イチゴは7~8個使用。時期によって品種が異なり、今は「とちおとめ」を使っている。層の間にあるグラノーラコーンも食感のアクセントになっている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 724 文字 / 残り 483 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース