鹿角市長選、関氏が立候補の意向 元農林水産省職員

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
関厚氏
関厚氏

 元農林水産省職員の関厚氏(67)が25日、任期満了(7月2日)に伴う次期鹿角市長選に無所属で立候補する意向を明らかにした。26日に市内で会見を開き、正式表明する。市長選への出馬の考えを示したのは、鹿角市の会社社長岩船勝広氏(60)に続いて2人目。

 関氏は同市出身で2017年に帰郷。技術士(森林部門)の資格を持ち、現在は木の価格などを評価、調査する仕事に従事している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 408 文字 / 残り 223 文字)

秋田の最新ニュース