佐藤哲治氏、県議補選秋田市選挙区に立候補の意向 元市議

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐藤哲治氏
佐藤哲治氏

 元秋田市議で造園業の佐藤哲治氏(70)は25日、県議選の秋田市選挙区補欠選挙(3月26日告示、4月4日投開票)に無所属で立候補する意向を明らかにした。

 佐藤氏は取材に対し「子育てや年金のほか、新型コロナウイルス禍で支援が必要とされている分野にお金を回すため、政治家自身が身を削る政治をしなければいけない。議員報酬を県民の平均所得に改正することを実現したい」と述べた。2019年の秋田市議選で落選後、県政で仕事をしたいとの思いを強くしたという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 356 文字 / 残り 134 文字)

秋田の最新ニュース