秋田市、プレミアム付き商品券発行の方針 コロナ経済対策で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市の穂積志市長は25日、新型コロナウイルスの経済対策として、市独自にプレミアム付き商品券を発行する方針を示した。市議会本会議の代表質問で述べた。

 穂積市長は、新型コロナの影響が長期化する中で、幅広い業種を対象とした消費喚起策が必要だと指摘し「地元の中小規模店での利用に配慮したプレミアム付き商品券は効果的」と述べた。発行時期は、県が非課税世帯や子育て世帯を対象に1人当たり1万円の商品券を配布するのに合わせる考えを示した。市商工貿易振興課によると、対象者や額面などは今後検討する。予算計上は2021年度になる見込みだが、できるだけ早く実施したいとしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 439 文字 / 残り 158 文字)

秋田の最新ニュース