木のおもちゃ美術館、来館者6割減 コロナ、大雪が影響

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市議会は25日、一般質問を行った。秋山正毅教育長は、鳥海山木のおもちゃ美術館の20年度の来館者数が、昨年12月末時点で前年同期に比べ61%減ったことを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大が主な理由だとしている。

 市教育委員会によると、12月末時点の来館者数は2万3723人。前年同期は5万9648人だった。コロナの流行を受けた昨年4、5月の休館や、夏休み期間中の往来自粛が響いたほか、12月の大雪も影響したとみている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 379 文字 / 残り 159 文字)

秋田の最新ニュース