高齢者コロナワクチン接種、秋田大体育館も会場に

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市は25日、高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場について、市所有の13施設のほか、秋田大学本道キャンパスの体育館も使用する方針を市議会本会議で明らかにした。

 市保健所によると、市内の65歳以上の高齢者は約10万3千人で、4月中の接種開始を見込んでいる。多くの人が短期間で接種できるよう、集団接種を基本とすることにしている。既に市立体育館や市民サービスセンターなど市所有の13施設を確保していたが、秋田大医学部付属病院から体育館を会場とする提案があった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 391 文字 / 残り 151 文字)

同じジャンルのニュース