食品業者の輸出拡大を支援 秋銀、ウマミルで商品を無料紹介

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
輸出に向けたオンラインでの打ち合わせ=秋田市の秋田銀行本店
輸出に向けたオンラインでの打ち合わせ=秋田市の秋田銀行本店

 秋田銀行は、国内の食品関連事業者と海外の食品バイヤーをつなぐウェブサイト「umamill(ウマミル)」を活用した食品の海外輸出拡大支援サービスに取り組んでいる。2015年から業務提携している海外進出コンサルティング業のフォーバル(東京)が行うサービスと組み合わせ、海外展開を後押しする。

 umamill(東京)が運営する同サイトは、日本の食品関連事業者が商品を無料で掲載できる。現在約6千品が掲載され、シンガポール、香港、オーストラリア、カンボジアの商社など350以上の企業がバイヤー登録している。

 ウマミルに商品を掲載した企業は、バイヤー側の求めがあった場合に商品サンプルを提供。商談が成立すれば、輸出につなげられる。海外への輸送や輸出に関わる手続きなどはウマミルが代行するため、簡単に商品を輸出することができる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 899 文字 / 残り 539 文字)

秋田の最新ニュース