BB秋田・J2初陣(下)チーム運営 地域色出し盛り上げ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ホーム戦での出店業者向け説明会で、伊東さん(左)は盛り上げへの協力を呼び掛けた=今月10日、秋田市
ホーム戦での出店業者向け説明会で、伊東さん(左)は盛り上げへの協力を呼び掛けた=今月10日、秋田市

 「個性豊かで多様性に富んだリーグ」とよく表現されるJ2。サッカーやチームのスタイルに加え、成り立ちや地域柄からにじみ出るカラーが各クラブにあり、それぞれの地元で熱烈に愛されている。

 参入1年目のブラウブリッツ秋田は、新型コロナウイルスの影響がなかった2019年の1試合平均観客数が約1500人で、今年想定する営業収益は約7・5億円。19年のJ2平均それぞれ約7100人、約16・5億円に及ばない。他のクラブを手本としつつ、秋田ならではの手法で成長を遂げていく必要がある。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 913 文字 / 残り 677 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース