さきがけ政経懇話会:近年の気候変動や気象報道

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
渡辺博栄さん
渡辺博栄さん

 秋田さきがけ政経懇話会の2月例会が25日、秋田市の秋田ビューホテルで開かれた。気象予報士・防災士の渡辺博栄さん(66)が「近年の気候変動や気象報道」と題して講演。台風や大雨などの自然災害が相次ぐ中、「さまざまな気象に関する情報を活用し、自分の身を守る行動を取ってほしい」と呼び掛けた。22日は大館市のプラザ杉の子で開かれた県北政経懇話会、24日には横手市の松與会館で開かれた県南政経懇話会でも講演した。

 二酸化炭素(CO2)などの増加によって進む地球温暖化について、データや各地の事例を用いて説明。過去100年で地球の気温が約1度、海面水位は約20センチ上昇しており、2100年には気温が1~6度、海面水位が1メートル上がるとの試算を紹介した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1010 文字 / 残り 687 文字)

秋田の最新ニュース