横手、大館市長が佐竹氏支持 知事選「流れ変える必要ない」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
高橋大横手市長(左)と福原淳嗣大館市長
高橋大横手市長(左)と福原淳嗣大館市長

 秋田県横手市の高橋大市長(44)と大館市の福原淳嗣市長(53)は26日、任期満了に伴う知事選(3月18日告示、4月4日投開票)で現職の佐竹敬久氏(73)を支持する考えを示した。同日開かれたそれぞれの定例会見で明らかにした。

 支持の理由について高橋市長は「今冬の雪害対策やこれまでの農業政策などで県との信頼関係が構築されている。これが市の発展に結びついており、今のまま続けてほしい。流れを変える必要はないのではないか」と語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 455 文字 / 残り 241 文字)

秋田の最新ニュース