通信事業者かたり「未納料金ある」 不審メール、特殊詐欺か

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市の60代男性の携帯電話に送られてきた不審なショートメール(県警提供)
秋田市の60代男性の携帯電話に送られてきた不審なショートメール(県警提供)

 秋田県警は、実在する通信関連事業者をかたった不審なショートメールを受信したとの相談が、25、26日に3件寄せられたと発表した。いずれも「未納料金がある」などの内容で、指定の電話番号にかけさせる特殊詐欺の手口とみられる。被害は確認されていない。

 メールを受けたのはいずれも秋田市の男女3人。このうち60代男性は、実在する電話会社の「お客様サポートセンター」をかたる者から「ご利用料金のお支払い確認が取れていません」との内容が携帯電話に送られてきた。

 県警は「未納料金に関するショートメールを受けたら詐欺を疑ってほしい」としている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 379 文字 / 残り 114 文字)

秋田の最新ニュース