時代を語る・柳田英明(12)好条件の明大へ進学

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田商業高レスリング部の卒業記念写真=昭和41年3月
秋田商業高レスリング部の卒業記念写真=昭和41年3月

 オリンピックを目指すとすれば、就職するより大学に行った方が有利です。幸い、インターハイで初優勝したあたりから、各大学があいさつを兼ねて、訪ねてきてくれるようになりました。

 昭和40(1965)年といえば、早稲田大、明治大、中央大がいわば「レスリング御三家」といわれていました。いずれの大学にも秋田商業高の先輩が進学していて、学生生活やレスリング部の話はよく聞いていました。私にもこの3大学から誘いがありました。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 752 文字 / 残り 546 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース