クロカン女子は萩谷V、田中4位 陸上日本選手権

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子で力走する萩谷楓(2031)と田中希実(2039)=福岡市海の中道海浜公園
女子で力走する萩谷楓(2031)と田中希実(2039)=福岡市海の中道海浜公園

 陸上の日本選手権クロスカントリーは27日、福岡市海の中道海浜公園で行われ、女子(8キロ)は萩谷楓(エディオン)が25分54秒で快勝した。酒井美玖(福岡・北九州市立高)が26秒差の2位。2019年大会優勝で東京五輪5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC)は26分22秒で4位だった。

 男子(10キロ)は昨年7月に3000メートル障害で日本歴代2位の記録を出した19歳の三浦龍司(順大)が29分10秒で優勝。同タイムで2位だった松枝博輝(富士通)とのラストスパート勝負を制した。