「和」と「風」も見納め 大森山「雪の動物園」28日最終日

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雪の上でじゃれあうアムールトラ
雪の上でじゃれあうアムールトラ

 冬期間に動物と触れ合う機会を提供する秋田市のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)の「雪の動物園」が最後の週末を迎えた。好天となった27日は、3月に他の動物園に移るアムールトラの四つ子の2頭を一目見ようと、多くの親子連れらが訪れ、別れを惜しんでいた。

 2019年9月に生まれた四つ子のうち雌の「和(なごみ)」(1歳)は長野市の茶臼山動物園に、雄の「風(ふう)」は大阪市の天王寺動物園に「引っ越し」する。昨年6月に雌の「月(つき)」が石川県能美市のいしかわ動物園に転出し、残る雄の「令(れい)」も今後他の園に移る予定という。

 今季の雪の動物園は、大雪の影響で1週間遅れ、1月16日に始まった。最終日の28日は午前10時~午後3時(入園は2時半まで)。園内をトナカイが散歩するイベントも行われる。通常開園は3月20日に予定されている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 616 文字 / 残り 251 文字)

秋田の最新ニュース