矢口高雄さんの未完作など300点、まんが美術館で追悼展

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 昨年11月に亡くなった秋田県横手市出身の漫画家・矢口高雄さんの追悼展が、3月7日まで市増田まんが美術館で開かれている。未完となった作品の原画など約300点を展示し、矢口さんの功績を振り返ることができる。主催は市増田まんが美術財団、秋田魁新報社共催。

未完作の原画も並ぶ矢口さん追悼展


 原画を展示している「雨沼の鱗(うろこ)剥ぎ」は、釣りキチ三平シリーズの一作品。いけすが竜巻で壊れ、沼に逃げた養殖のコイを三平が釣って集める内容。予定された約200ページのうち冒頭の40ページまで描かれたが、矢口さんが2012年に創作活動に終止符を打ち未完となった。

 午前10時~午後6時(最終入場5時半)。会期中無休。大人800円、高校生600円、中学生400円、小学生200円、未就学児無料。問い合わせは同館TEL0182・45・5569

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 966 文字 / 残り 620 文字)

秋田の最新ニュース