SNSで見つけた「融資先」に… 10代男性が詐欺被害

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田東署は28日、秋田市内の10代男性が融資保証金詐欺の被害に遭い、1万5千円をだまし取られたと発表した。

 署によると同日正午ごろ、生活費など約10万円の融資を受けようとしていた男性が、会員制交流サイト(SNS)上で融資先を見つけ、申し込みをした。相手から利息分を振り込むよう要求され、インターネットバンキングで指定された口座に1万5千円を振り込んだ。その後相手と連絡が取れなくなり、警察に相談した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 257 文字 / 残り 56 文字)

特殊詐欺に関する連載です

同じジャンルのニュース