3Pは打たせるなと言ったのに… ハピネッツ、リード守り切れず

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―北海道】第4クオーター、試合終了間際にリバウンドに跳ぶ秋田のデイビス(右)=タクミアリーナ
【秋田―北海道】第4クオーター、試合終了間際にリバウンドに跳ぶ秋田のデイビス(右)=タクミアリーナ

 ハピネッツは前日の試合以上に激しいマンツーマンディフェンスに苦しみ、リードを守り切れなかった。前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)は「面白い展開だったと思うが、勝ちを届けられなかった。悔やまれる」と唇をかんだ。

 2点リードの第4クオーター残り25秒。タイムアウトで前田HCは得点力のある相手の司令塔・テイラーと得点源のメイヨに警戒するよう伝えた。その上で「絶対に3点シュート(3P)を打たせては駄目」と指示した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 619 文字 / 残り 416 文字)

秋田の最新ニュース