高校生がひいおばあちゃんのために考案 甘酒タルト、限定販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
商品のタルトを手にする横手清陵高の佐々木さん
商品のタルトを手にする横手清陵高の佐々木さん

 秋田県横手市などが主催した菓子コンテストで最優秀賞に輝いた佐々木桃弥(ももね)さん(横手清陵高1年)のレシピ「りんごと甘酒の焼きこみタルト」が商品化され、5日から同市平鹿町の菓子店で販売される。15日までの期間限定。コンテストを開催した市食農推進課は「ホワイトデーや自分用にお薦め」としている。

 コンテストは市内高校生を対象に昨年11月に行われ、発酵と「かわいい」をテーマにした菓子40品が寄せられた。1次、最終審査を経て佐々木さんの作品が最優秀賞に選ばれた。

 商品は佐々木さんのレシピを基に、平鹿町の「菓子工房marble(マーブル)」(新山亜希子店長)が製造販売する。リンゴは平鹿町産、甘酒は新山店長の父が営むこうじ店の商品を使用した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 670 文字 / 残り 349 文字)

秋田の最新ニュース