絵と文字で分かりやすく記録 グラフィックレコーディング

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
講演内容を絵と文字で記録していく田中さん=1月、鹿角市
講演内容を絵と文字で記録していく田中さん=1月、鹿角市

 秋田県鹿角市十和田毛馬内の田中美由紀さん(46)が、講演の内容を文字やイラストで分かりやすく記録する「グラフィックレコーディング」に取り組んでいる。市民講座で学び、現在は市主催の講演会などで制作作業に当たる。

 グラフィックレコーディングは、講演が進むのと同時に模造紙などへ内容を書き込み、話の流れや要点などをつかみやすくする手法。田中さんは温かみのあるタッチで文字や講師の似顔絵を書き、内容をまとめている。

 1月中旬は、市文化の杜(もり)交流館コモッセで開かれた会員制交流サイト(SNS)を活用しての情報発信を考える講座を訪れ内容を記録。講師の「伝えたい相手に応じてSNSを使い分ける」などの発言や来場者との質疑応答を模造紙3枚にまとめた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 868 文字 / 残り 547 文字)

秋田の最新ニュース