角館雛めぐり 多彩な人形、40カ所に 7日まで

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
さまざまなひな人形が並べられたメイン会場の角館地域運営体「まち角」
さまざまなひな人形が並べられたメイン会場の角館地域運営体「まち角」

 秋田県仙北市角館町の「角館雛(ひな)めぐり」が、町内の観光施設や商店など約40カ所で開かれている。市商工会(堺研太郎会長)が、新型コロナウイルスの影響で例年よりも規模を縮小して7日まで開催している。

 主な展示会場は角館樺(かば)細工伝承館、角館駅前蔵、たてつ家、樺細工八柳、安藤醸造本店、料亭稲穂など。きらびやかな錦で作った享保雛、現代のひな人形に近いとされる古今雛、厚紙と綿で立体感を出した押絵(おしえ)雛などが展示されている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 554 文字 / 残り 338 文字)

秋田の最新ニュース