「高校生活は生涯の宝物」 コロナ下、巣立ちの春

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県内の公立高校で1日、卒業式が行われた。新型コロナウイルスの収束が見通せない中、マスク姿の卒業生たちは保護者や在校生に見守られながら学びやを巣立った。

 秋田市の秋田中央高では、卒業生205人が出席。卒業生1人に対し2人まで保護者の出席を認め、在校生を代表して2年生が参加した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 611 文字 / 残り 470 文字)

秋田の最新ニュース