田口投手と広岡内野手がトレード 巨人とヤクルトで成立

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
巨人の田口麗斗投手、ヤクルトの広岡大志内野手
巨人の田口麗斗投手、ヤクルトの広岡大志内野手

 巨人の田口麗斗投手(25)とヤクルトの広岡大志内野手(23)のトレードが成立したと1日、ヤクルトが発表した。ヤクルトは先発投手の補強が急務で、巨人には内野の層を厚くする狙いがあるとみられる。

 田口は広島新庄高から2014年にドラフト3位で巨人入団。16年に10勝、17年に13勝を挙げ先発として実績がある。

 広岡は16年に奈良・智弁学園高からドラフト2位でヤクルトに入団し、昨季からは外野にも挑戦している。球団を通じて「突然のことで正直、驚いている。新天地で活躍することが恩返しにもなると思うので、新たな気持ちで頑張っていきたい」とコメントした。