大変な毎日…一緒に乗り越えた友と別れ 各高校で卒業式

会員向け記事
お気に入りに登録

 1日に卒業式が開かれた秋田県内の各高校では、新型コロナウイルスの影響が続く中で最後の1年を過ごした生徒たちが、それぞれの思い出を振り返りながら級友との別れを惜しんだ。

 「コロナ禍で先の見えない不安があり大変な毎日が続いた。それでも目標に向けて頑張る姿勢と仲間を応援する気持ちを持つことができた」

 横手市の雄物川高校の卒業式では、卒業生代表の土田彩夏さんが答辞でこう語った。清水達也校長も式辞で、この1年を振り返りながら「コロナ対応は続くが、目標を定め自らを成長に導いてほしい」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1151 文字 / 残り 907 文字)

秋田の最新ニュース