攻撃力高い外国籍選手どう封じる ハピネッツ、3日に新潟戦

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北海道戦でルーズボールに飛び込む秋田の長谷川暢。最後まで戦う姿勢を貫きたい=2月28日、大館市のタクミアリーナ
北海道戦でルーズボールに飛び込む秋田の長谷川暢。最後まで戦う姿勢を貫きたい=2月28日、大館市のタクミアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区6位の秋田ノーザンハピネッツは、3日午後7時5分から新潟県長岡市のアオーレ長岡で、同9位の新潟と対戦する。前回の試合は2度の延長戦の末、新潟に軍配。秋田はチームに流れをもたらす泥くさいバスケで白星を取り返したい。

 新潟は12勝27敗。前節勝利を収めた信州との第2戦でフォワードのダーラムが27得点、12リバウンドのダブルダブルを記録した。攻撃力の高い外国籍選手を中心にリバウンドでも力強さを見せるが、ターンオーバーがリーグで4番目に多い。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 590 文字 / 残り 347 文字)

同じジャンルのニュース