ロッテ山口、二塁打2本 4番任され「やっていて楽しい」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7回、右翼に適時二塁打を放つロッテ・山口=京セラドーム
7回、右翼に適時二塁打を放つロッテ・山口=京セラドーム

 プロ野球は2日、当初の予定より1週間遅れてオープン戦が始まった。京セラドーム大阪ではオリックスとロッテが6―6で引き分けた。ロッテは3年目の山口が思い切りのいい打撃で二塁打2本と4番起用に応え、新人の小川が2安打2盗塁。オリックスは田嶋が4回1失点と順調な調整ぶりを披露し、頓宮が2ラン、佐野皓が2点二塁打と定位置獲得へ存在感を示した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 551 文字 / 残り 382 文字)

同じジャンルのニュース