横手市出身の将豊竜「今場所も思いっきり」、十両昇進へ闘志

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今年1月の初場所で弓取り式をする将豊竜=両国国技館
今年1月の初場所で弓取り式をする将豊竜=両国国技館

 14日に初日を迎える大相撲春場所(東京・両国国技館)に、横手市出身の将豊竜(24)=時津風部屋=が自己最高位の幕下西3枚目で臨む。自慢の押し相撲に磨きを掛け、昨年後半から3場所連続で勝ち越している。1月の初場所では6勝1敗で幕下の優勝争いに加わった。本県出身力士としては華王錦(42)=東関部屋、美郷町出身=以来、10年ぶりの十両昇進を狙う。今場所に懸ける思いを聞いた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 889 文字 / 残り 703 文字)

秋田の最新ニュース