新型コロナワクチン、県内医療従事者への接種は8日以降に

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は2日、新型コロナウイルスワクチンの県内医療従事者への優先接種が8日以降に始まるとの見通しを明らかにした。県議会予算特別委員会で佐々木薫健康福祉部長が説明した。

 県医務薬事課によると、県内には5日までに第1弾のワクチン4箱(約4千回分)が国から届く。保管用冷凍庫がある14の拠点病院に置き、これらを含む県内64の病院で職員や地域の診療所関係者らに接種する。4箱の配分は調整中。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 471 文字 / 残り 279 文字)

同じジャンルのニュース