未来応援ファンド、初の事業承継支援 秋田市の企業に投資

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市や秋田銀行などでつくる秋田市中小企業振興投資事業有限責任組合(通称・秋田市『未来応援』ファンド)は、秋田市の「ライフバランス」(阿部純一社長)が発行した社債を引き受けたと発表した。発行額は非公表。後継者不在に悩む会社の株式を買い取るための資金を支援し、事業承継を後押しする狙い。

 ライフバランスは、秋田市で高齢者介護福祉施設などを運営する会社に勤務していた阿部社長が100%出資し、今年1月に設立した持ち株会社。この高齢者施設運営会社の株式を取得し、事業を引き継いでいる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 654 文字 / 残り 414 文字)

同じジャンルのニュース