大雪で被災のハウス撤去支援など、羽後町が農家へ独自策示す

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県羽後町議会は2日、一般質問が行われ、安藤豊町長は、今冬の大雪で被害を受けた農家への町独自の支援策を示した。11日の3月定例会最終日に関連予算案を追加提案する。

 町内では2月12日現在、水稲育苗用や園芸用パイプハウスの全半壊が467棟、農作業小屋や牛舎などの被害が23棟判明しており、推定被害額は4億5千万円に上る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 405 文字 / 残り 244 文字)

同じジャンルのニュース