温室ガス排出抑制、県内企業の78・5% 全国平均を下回る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 帝国データバンク秋田支店がまとめた温室効果ガス排出抑制に関する企業意識調査によると、排出抑制に取り組んでいる県内企業は78・5%で、全国平均を4・1ポイント下回った。2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを目指す政府宣言については、「達成可能」と回答したのは19・4%にとどまった。

 昨年12月16日~1月5日にオンラインで実施。県内160社に依頼し93社から回答を得た。温室効果ガス排出抑制に「取り組んでいない」は18・3%、「分からない」は3・2%だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 939 文字 / 残り 705 文字)

秋田の最新ニュース