大雪で枝が折れても元に戻せる場合も、リンゴ農家向けに講習

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
折れた枝の修復方法を学んだ講習会
折れた枝の修復方法を学んだ講習会

 今冬の大雪で果樹被害が広がっていることを受け、秋田県果樹協会は2日、横手市平鹿町の県果樹試験場で、折れた枝の修復方法を学ぶ講習会を開いた。県南部のリンゴ農家ら約30人が参加した。

 2018年3月まで県果樹試験場長だった森田泉さん(63)=現県平鹿地域振興局農業振興普及課専門員=が講師を務めた。試験場内の木を使い、ボルトで折れた枝を固定する方法を紹介した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 479 文字 / 残り 300 文字)

秋田の最新ニュース