仁賀保高生の図案採用、消防の新制服 鳥海山とイヌワシ描く

会員向け記事
お気に入りに登録

制服の左腕に付いた新ワッペン


 秋田県にかほ市消防本部の救助隊員が2021年度から着用する制服の新たなワッペンに、仁賀保高校情報メディア科2年の阿部茉結子さんのデザインが採用された。市内から望む鳥海山と山麓に生息する絶滅危惧種のイヌワシを描き、上下に「RESCUE」「NIKAHO」の文字を配した。市消防本部は「隊員の士気向上につながり、ありがたい」としている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 587 文字 / 残り 420 文字)

同じジャンルのニュース