日々を見つめて(4)伝えたい古里 記録は残ると信じて

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
かつての自宅近くを歩く矢口さん。一帯は「石巻南浜津波復興祈念公園」となる=昨年10月16日、宮城県石巻市門脇町
かつての自宅近くを歩く矢口さん。一帯は「石巻南浜津波復興祈念公園」となる=昨年10月16日、宮城県石巻市門脇町

 実家のある横手市で生まれた長女(2)も石巻の地で歩けるようになり、散歩が日課となった。

 近所を歩いていると、よく見掛けるのが自宅前でバドミントンをする夫妻。庭に咲く草花を分けてくれたり、長女に絵を描いて見せたりしてくれるので、お気に入りのコースとなった。

 何度かおしゃべりするうち、夫の矢口清志さん(74)が海に近い門脇地区の出身と知った。津波が押し寄せた後、大規模な火災があり、壊滅的な被害を受けた。矢口さんは一時避難を経て、内陸部に現在の家を再建したという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1178 文字 / 残り 946 文字)

同じジャンルのニュース