医療従事者ワクチン、2病院に到着 大館、9日に接種開始

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大館市立総合病院に到着したワクチン=4日午後、大館市豊町(病院提供)
大館市立総合病院に到着したワクチン=4日午後、大館市豊町(病院提供)

 医療従事者向けの優先接種のため国から県内に配分される新型コロナウイルスのワクチンが4日、秋田市の秋田厚生医療センターと大館市立総合病院に届いた。いずれも米ファイザー製ワクチンが1箱(975回分)ずつ。

 秋田厚生医療センターには午前9時55分ごろ、トラックが到着し、病院職員がワクチンを超低温冷凍庫に収めた。JA秋田厚生連によると、接種の開始時期は未定。厚生連の担当者は「ワクチンが無事届きほっとしている。管理や接種の責任を全うしていきたい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 508 文字 / 残り 282 文字)

秋田の最新ニュース