ナワリヌイ氏、拘置所に隔離措置 首都から150キロ

お気に入りに登録

 【モスクワ共同】ロシアの反体制派ナワリヌイ氏は3日、インスタグラムにメッセージを投稿し、首都モスクワから約150キロにあるウラジーミル州内の拘置所にいると明らかにした。2月25日に刑務所に移送されたと伝えられて以降、居場所が不明だった。

 弁護士によると、同氏が名誉毀損事件の有罪判決を不服として控訴したため未決勾留扱いのままで、拘置所で新型コロナウイルスの隔離措置中だという。

 インスタグラムの投稿でナワリヌイ氏は、窃盗や詐欺で勾留中の2人とともに雑居房でパンを乾燥させてクルトンを作る様子をユーモアたっぷりに伝えた。