群馬で銃撃、組長ら3人が重傷 殺人未遂容疑で捜査

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
車の部品などが散乱していた現場=4日午前9時35分ごろ、群馬県伊勢崎市
車の部品などが散乱していた現場=4日午前9時35分ごろ、群馬県伊勢崎市

 4日午前3時35分ごろ、群馬県伊勢崎市本町の路上で「人がもめている。けんかではないか」との通報があった。県警によると特定抗争指定暴力団山口組系暴力団の男性組長(48)と暴力団関係者の男性(27)が銃で撃たれ、さらに別の男性(30)が車にひかれた。3人とも重傷を負ったが、命に別条はない。県警は拳銃使用殺人未遂事件として伊勢崎署に捜査本部を設置した。

 県警によると、組長は肩を撃たれ、もう1人は、顔を撃たれた。ひかれた男性も暴力団関係者で、全身打撲。現場には血痕が残り、金属バットや靴、車の部品などが散乱していた。容疑者は車で逃走したとみられる。